クレジットカード現金化は手数料に要注意!

クレジットカード現金化のポイントは、ショッピング枠のうちどれだけを現金化することができるかです。

これは単にショッピング枠がどれだけ残っているかの話ではなく、業者のサービスを利用することでどれだけ差し引かれたうえで現金化されるかの話でもあります。

この際、引かれる分をチェックする目安としてよく知られているのが換金率です。

換金率が90パーセントならショッピング枠を使った分の9割を現金化できるわけです。

ですから、当然業者探しを行う時にはできるだけ換金率が高いところを選ぶことになります。

ところがこれは実際にサービスを利用した後になって驚かされることが多いのですが、この換金率とは別に手数料が差し引かれることが少なくありません。

手数料が引かれるのか聞いてみる

実際に経験したことがある方も多いはずですが、この手数料の設定や額は業者ごとに異なるため、クレジットカード現金化の利用に慣れている人でも驚くことが少なくありません。

手数料は必要な経費との印象もありますが、ネット通販が普及した現在では業者にとって利益を上げる手段にもなっています。

200円の商品を送料100円で売るよりも、商品を1円で売って送料を400円とった方が利益が大きくなるうえに、いかにも「安く売っている」印象を消費者に与えることができます。

クレジットカード現金化では換金率を高く設定したうえで手数料をたくさんとる形にすれば、いかにも優良な業者でショッピング枠を有効に利用できる印象をアピールすることができるわけです。

そんなクレジットカード現金化における送料には大きく4つのタイプがあります。まず注意したいのが消費税。

何しろ現在の消費税は10パーセントです。現金化するためにショッピング枠で商品を購入したときに、この消費税が発生することで現金化できる額が大幅に減ってしまうこともあります。

還元率90パーセントから商品購入額の10パーセントが消費税から引かれてしまうと…とてもよい選択肢とは言えないでしょう。

注意すべきは送料

もうひとつ注意したいのは先ほども触れた送料。

商品を購入した場合に発生するこの手数料は業者によって異なります。

とくにキャッシュバック方式の場合、金銭的な価値がほとんどない商品を購入して送られてくることになるため、送料が高く設定されていると損をした気分になってしまいます。

一般的に送料は1000~2000円程度のところが多く、この負担も還元率が差し引く必要があります。

あとはクレジットカード決済手数料や銀行の振込手数料などが発生することもあります。

これらはとくに大きな負担ではありませんが、還元率がそのまま現金化に適用されるわけではない点は知っておきたいところです。

業者にあらかじめ聞いておけば、これらの手数料を知ることができます。

逆に言えば、こちらから聞かない限り事前に知ることができないことが多いため注意しましょう。

コメントを残す